IBMがRustを使ってNode.jsのプロジェクトを書き換え。その背景とは?

thinkit.co.jp / 5ヶ月

IBMがRustを使ったソフトウェア開発を加速している。RustはMozilla Foundationが開発をリードするオープンソースのプログラミング言語だ。Rustの歴史はまだ浅いものの、DropboxやCloudflare、Microsoft、Facebookなどの多くの企業で利用が拡がっている。Microsoftが社内で2004年から統計を取った調査によれば、自社が開発したソフトウェア(C、C++を利用)における脆弱性のうち約70%がメモリーの操作に由来するとして、メモリーセーフなRustを採用する流れになっているという。

この記事をPICKする

hatenabookmark
secseek

5ヶ月前

雨後の竹の子のように新言語が出ている中でこれだけ支持されているのだから優秀なんでしょうね。ハードウェアがいくら進歩しても、パフォーマンスは重要なんですね
山本 聡

5ヶ月前

GoogleおかかえのGoよりも、Rustを採用するというのは、Google競合の会社にとっては重要なことでしょう。Firefoxを作るわけでもなくネイティブ高速化が必要なビックデータ処理に対してはGoの得意な分散処理を目指すべきで、一般的なエンジニアのスキル戦略としてはGoのほうが望ましい気がしなくもない。
Sato Shodai

5ヶ月前

Rustのリライトネタ。学習コストが唯一の弱点というならほぼ問題ないとも言える(もちろんそれだけではないが)
kamigamomonster

5ヶ月前

Deno と競合…🤔
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。