水道管の劣化予測AIを豊田市が導入 配管の破損・漏水事故を抑止へ | Ledge.ai

ledge.ai / 4ヶ月

水道インフラ企業のFractaは5月25日、愛知県豊田市上下水道局と業務委託契約を締結し、AIを活用した水道管劣化予想技術を全国で初めて愛知県豊田市に実践導入することを発表した。 水道配管の更新をAI診断ツールで最適化 近年、水道管の老朽化や自然災害による漏水・破損事故が各地で発生するなど、水道インフラなどに

この記事をPICKする

hatenabookmark
Tanaka Mamoru

4ヶ月前

Pickしました
Ledge.ai

4ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。