fushiroyama.hatenablog.com / 10ヶ月

登 大遊 (Daiyuu Nobori)さんの論理的思考の放棄というエントリが時を超えて話題になった。 softether.hatenadiary.org これは氏の類まれな才能あってなされることで、僕を含む凡百のプログラマはこれを読んで(あるいはタイトルだけ見て内容すら読まずに)論理的思考を放棄してプログラムを書くのは危険である。 当該エントリおよび氏の過去のエントリを拝読する限りにおいて、氏が才気あふれるソフトウェア技術者であることは自明であるように思われる。氏が筑波大学に入学しソフトイーサ社を立ち上げる過程を軽妙に綴った次のエントリなどは、ユーモアに溢れ、優れた技術者は文章もうまいのかと…

山本 聡

10ヶ月前

日本の技術者も捨てたもんじゃない、というか、スタープログラマって、結構いるのかもしれない。すごい!
清水 風音

10ヶ月前

「論理的に考えないこと」を考える時点で、論理的に考えてしまうという壮大なトートロジーに嵌ってしまった。人間が持つ感覚的思考の上に、論理的な思考をエミュレートすることは効率が悪いのは理解できる。ただ、それをどう、そのままプログラムを叩いていくかは、正直分からなかった。"Hello World"は無意識に書けるように、思い描くアウトプット(製品)とインプット(コード)を限りなく一体化させていく感じなのだろうか。
tamo san

10ヶ月前

これは後でじっくり読もう。勿論触れられている登氏の内容も含めて:凡人は論理的思考すべし - 怠惰を求めて勤勉に行き着く
例の1人でリモートワークシステムつくった登さんですね。これはじっくり読みたい。
appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。