MirrativのAPI通信に関するiOS実装の改善とCodableの活用 - Mirrativ tech blog

Mirrativ tech blog / 1年

こんにちは Mirrativ iOSエンジニアの千吉良です。 今回は Mirrativ iOSアプリにおいてAPI通信に関する実装の改善を行ない、関連してCodableを活用した話をしたいと思います。 Mirrativ iOSアプリのソースコードには歴史があり、API通信に関するコアの実装は約4年前に実装されたものでした。日々実装を行なっていていくつか課題を感じていた箇所がありましたが、API通信に関する実装はコード量も多く、新しい仕組みを導入して一気に刷新しようというわけにはいきません。既存のファイル構成などを活かしつつ軽量な仕組みを導入して、新規実装のみ新しい方法で実装したり、部分的に修正…

この記事をPICKする

hatenabookmark
カオスなコードはちゃんと向き合って直していく…!(という取り組みの紹介)
ウチもAPI通信部分は昔組んだもの(というか僕が)をそのまま流用しています。ビジネス・インパクトが低いと感じて後回しにしてしまいがちですが、参考に色々改善していきます!
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。