定期券代支給を廃止、自転車通勤を推奨--オフィス面積半減させる富士通の本気

TechRepublic Japan / 4ヶ月

富士通は新しい働き方として「Work Life Shift」を推進する。在宅勤務の環境整備費用補助として月額5000円を支給するとともに、通勤定期券代の支給を廃止。現在のオフィス面積を2022年度末までの3年間で50%程度に見直すとともにフリーアドレス化も進める。

この記事をPICKする

hatenabookmark
清水 風音

4ヶ月前

定期券代の廃止は、遠くから通勤してくる古株の上司に対して、地味に効くんじゃないだろうか(笑)日立、富士通とリモート標準化に向かってかじを切ってるのが素晴らしい。
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。