これは大きな決定事項。スタンスに関わらず、日常のなかでも使い方を改めていくしかない。