17年前から存在 ~「Windows Server」のDNS機能に致命的なリモートコード実行の脆弱性/自己増殖して感染を広げる“ワーム”への悪用も考えられるため、優先的な対処を

窓の杜 / 6ヶ月

 米Microsoftは7月14日(現地時間)、「Windows Server」のDNSサーバー機能にリモートコード実行(RCE)の脆弱性が存在することを明らかにした(CVE-2020-1350)。同日付けでリリースされた月例のセキュリティ更新プログラムで対処されている。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

6ヶ月前

Pickしました
ida masa

6ヶ月前

17年間放置されたのすごいな
窓の杜

6ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。