3 picks

Microsoft、危険度最高の脆弱性を修正する「Windows Server」向けセキュリティ更新プログラム公開

Microsoftが、全バージョンの「Windows Server」を対象とするセキュリティ更新プログラムを公開した。DNSサーバの重大なリモートコード実行の脆弱性で、CVSSの危険度は最高の10.0。速やかな適用を促している。

続きを読む
tamo san

ITインフラ・セキュリティエンジニア

25日前
うわわわ、AD管理者頭が痛いやつ…『Windows DNSサーバの重大なリモートコード実行(RCE)の脆弱性で、CVSSの危険度は最高の10.0。Windows Serverのすべてのバージョンに影響するもの』:Microsoft、危険度最高の脆弱性を修正する「Windows Server」向けセキュリティ更新プログラム公開 - ITmedia NEWS
Kouya

20日前
Pickしました
ITmedia 最新記事

自動PickBot

25日前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
appstore
googleplay
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。