それ、本当に「機械学習」が必要ですか?--適材適所で見極めたいAI活用

CNET Japan / 1年

さまざまな可能性があるAIソリューションですが、中にはAIによって増える業務もあることをご存知でしょうか。情報不足のまま検討を進めてしまうことほどもったいないことはありません。ここ2〜3年で導入が加速している、チャットボットを例にお伝えします。

この記事をPICKする

hatenabookmark
ほげ

1年前

今はもうAIのフレームワーク上で、それぞれ特定の機能を得意とするパッケージ購入してあとは部分カスタマイズ、が主流なんですかねぇ。
なんとも夢のない話ではあります。
ゴミの分別があっぱれレベルとAIを誤認させるのはミスリードではないか
野 坂

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。