スーパーハッカー・石森大貴がハマるセキュリティの世界とは?ーー「最大の適性は、いたずら心と好奇心」 - エンジニアtype | 転職type

type / 3ヶ月

ゲヒルン代表の石森大貴さんは独立行政法人・情報処理推進機構が主催するセキュリティ人材発掘事業「セキュリティ・キャンプ」に17歳で参加。現在はゲヒルンの経営の傍ら、同事業の理事も務める。今回はそんな生粋のセキュリティ人材である石森さんに、ギークなエンジニアがこぞってのめり込むセキュリティの世界について聞いた。

この記事をPICKする

hatenabookmark
tamo san

3ヶ月前

@isidai 氏のインタビューその2。基礎を知らずして応用はできない『良くも悪くも使える技術を持っているからこそ、正しく使うのだということ』:スーパーハッカー・石森大貴がハマるセキュリティの世界とは?ーー「最大の適性は、いたずら心と好奇心」 - エンジニアtype | 転職type
ida masa

3ヶ月前

ツール入れっぱなしで運用できてないケースはだいたい社内の有識者不足。バリバリのセキュリティエンジニアにならなくても、知見があるだけでも重要なメンバーに入り込めると思う
sm7415369

3ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。