LANケーブルや光ファイバーケーブルが増えてくると、どのケーブルがどのLANスイッチや情報コンセント、パッチパネルにつながっているか分かりにくくなる。これは挿し間違いが生じやすくなる要因の1つだ。そこで重要となるのが、「ラベリング」である。ケーブルに番号などの情報を書き込んだラベルを付けることで、ケーブルの配線、ネットワーク構成の変更や障害時の対応での挿し間違いを防ぐ。

日経 xTECH IT / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。