16年後の2035年、日本全体で介護職員79万人が不足すると言われる。この社会的課題を解決するにはテクノロジーの活用しかない。IoT機器による排せつの検知や徘徊の防止、AIを利用した嚥下能力の把握̶̶。最新の「介護テック」は介護職員の負担を減らすだけでなく、人の尊厳を守り、生きる楽しみを増やし、家族に安心をもたらす。

日経 xTECH IT / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。