2 picks

【検証】Windows DNS サーバの脆弱性(CVE-2020-1350 通称"SIGRed")

2020年7月14日(日本時間)、Microsoft社よりWindows DNSサーバにリモートでコード実行が可能な脆弱性が公開されました(CVE-2020-1350 通称"SIGRed")。本脆弱性は、不正なDNSレスポンスをWindows DNS サーバが適切に処理できないことにより影響を受けるものです。本記事では、"SIGRed"の検証結果やその悪用を試みる通信の痕跡の確認方法について解説します。

続きを読む
tamo san

ITインフラ・セキュリティエンジニア

10日前
かなり細かい内容ですね。環境及びDNSサーバーでの検知方法まで記載あり:【検証】Windows DNS サーバの脆弱性(CVE-2020-1350 通称"SIGRed")
わかりやすい。

新着ピック  






















記事をPICKする
appstore
googleplay
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。