Twitter大規模乗っ取り、従業員への「スピアフィッシング」で内部システムにアクセス

ITmedia / 2ヶ月

Twitterで7月15日に発生した著名人アカウントの大量乗っ取り・偽ツイート事件の手口は、従業員への「スピアフィッシング攻撃」だったとTwitterが説明した。「特定の従業員に判断を誤らせ、人間の脆弱性を悪用して内部システムにアクセス」したとしている。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Takeda Yuki

2ヶ月前

以前あったTwitterの件の続報ですね。
> 「これは、われわれのチームの各個人がわれわれのサービスを守るためにいかに重要であるかを印象づけた」という。
なかなか難しいところですよね(個人の意識の課題ですし)
清水 風音

2ヶ月前

「人間の脆弱性を悪用」って、これ、どうやって防げばいんだか...。
中野 友貴

2ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。