イントロ、ダッシュボード、料金表、カレンダーなどありふれたページでも、洗練させたUIで競合他社と差をつけたいと思うでしょう。今日は、800を超えるサイトのテーマごとのスクリーンショットを見れる「Webframe」を使ってみました。