トヨタ系やNVIDIAが注目、数学的に欠陥ゼロのソフト開発

xtech.nikkei.com / 1ヶ月

 車載ソフトの欠陥(バグ)をゼロにする開発手法が注目を集めている。自動運転を背景に、ソフトの安全性やセキュリティーをこれまで以上に高める必要性が出てきたためだ。電動パワーステアリング(EPS)大手のジェイテクトが量産に導入しようとしているほか、自動運転向けの車載SoC(System on Chip)を手掛ける米NVIDIA(エヌビディア)も同様の手法を検討している。

この記事をPICKする

hatenabookmark
koduki

1ヶ月前

形式手法は普通の業務ロジックに応用するのはコスパが悪そうな印象だけど、自動運転とかには確かに良いのかも。トヨタは名古屋に近いし得意な人たちもその辺にw SPINとかAlloyで止まってたけどSpark言語ってのもあるのね。しかしなぜにAdaベース???
日経 xTECH IT

1ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。