近畿大学の渡辺智裕准教授らは、免疫細胞がすい臓を攻撃して発症する「自己免疫性すい炎」の発症に、腸内細菌のバランスの乱れが影響している可能性があることを突き止めた。マウスの実験で確認した。根本的な治療

www.nikkei.com / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。