東芝が量子暗号通信システム事業を2020年度第4四半期から開始、2035年度に市場の約1/4獲得目指す | TechCrunch Japan

TechCrunch Japan / 1ヶ月

東芝は10月19日、国内外での量子暗号通信システム(QKD。Quantum Key Distribution)のプラットフォームの提供およびシステムインテグレーション事業を2020年度第4四半期から順次開始すると発表した。

この記事をPICKする

hatenabookmark
GuestUser@7430

1ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。