生命保険業界の営業職員向け端末市場で、富士通が攻勢をかけている。受注台数は日本生命と明治安田生命、第一生命の大手3社で14万5000台。生保業界全体のタブレット導入の動きを商機ととらえ、さらなる受注拡大を狙う。

日経 xTECH IT / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。