技術的負債は理解力の不足が原因

ITnews 編集部 / 25日

この記事は、Dave Rupert氏によって公開された記事の翻訳転載です。

この記事をPICKする

hatenabookmark
山本 聡

25日前

結局、技術的負債を積み重ねてしまうのは、プログラミングスキルの問題。スキルが上がれば上がるほど先読み能力が高まるはずなので、負債になる書き方とそうじゃない書き方を明確にわけられるようになる。で、ロースキルだとそんなことは無理で、ハイスキルの人のコードみてもなぜそうなっているのかを正確に見分ける事ができない。

ハイスキルになるためには、とにかく徹底的にソースコードの品質にこだわる事。抜かりも抜け目もないように最善を目指していい加減で雑なコードを作らない事やね。ハイスキルの人は経験的にそうする。将来の機能拡張時に負担にならない予測をした上でのコードを書くし、極めて読みやすくコード書くし、将来のリファクタリングを見据えてコード書く。それを当たり前のようにする、ゆえにハイスキルなんでしょう。

そういう人がいれば技術的負債というのはとても起きにくいです。自分は技術的負債を返済する側の専門家だし幾人かの様々なスキルの人と一緒に仕事していてそう思う。技術的負債は単なるスキルの問題。スキルがまだ十分には足りてない人が技術的負債を作る場面がほとんどです。
機能について十分理解せずコードを追加し続けていくと、どんどん開発スピードが落ちてくる。テストを書く・書かない以前に「機能について十分理解しない」「リライトしない」ことが、負債がたまる要因になるってわけだ。
Pickしました
Pickしました
kzdev003

25日前

Pickしました
Pickしました
Pickしました
この記事は、Dave Rupert氏によって公開された記事の翻訳転載です。
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。