常になぜこれをするのかを考えれば自ずとこういった考えが出てくると思われる