Appleが「古いiPhoneの性能を落としていた」問題で117億円の和解金支払いに合意

GIGAZINE / 16日

Appleが、バッテリーが古くなり劣化したiPhoneの性能を意図的に落していた「バッテリーゲート」問題で、合計1億1300万ドル(約117億4849万円)を支払うことに合意したことが発表されました。この和解金は、Appleが2020年7月から申請を受け付けていた「iPhone1台あたり約2700円の和解金」とは別に、今後の消費者保護調査などの資金としてアメリカの複数の州に対して支払われるものです。

この記事をPICKする

hatenabookmark
N Toshiki

15日前

Appleにとっては安い和解金だろうが、実際どっちなんだろうね。意図的に劣化させるなんてことあるんだろうか。
寡占状態になるとこういったことが横行しやすくなる可能性も高くなるよな
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。