ドローンのレンズ変更には夢があるなぁ。映画っぽいワイドな映像を撮る方法には、「アナモルフィックレンズ」が昔から使われています。これは映像の横方向をぎゅむっと縮めて撮影できるレンズで、映写時・ポストプロダクションで引き伸ばすことでワイドな比率を確保できるというもの(この比率のことを「シネマスコープサイズ」と呼ぶ)。YouTubeやテレビ番組など、生活で目にする映像のほとんどは16:9の比率ですが、

ギズモード・ジャパン / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。