常にコードに触れることで解像度の高い意思決定やモダンな作りへの実現性を把握できるのは共感ですね。そして作ることの楽しさは忘れたくないですね。