Google Analyticsと連携したデータを渡すだけで、劣化したコンテンツを教えてくれる「Revive」を使ってみました。リライトする記事を知る良いキッカケになるかもしれませんね。