国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」が事業方針を発表、5月下旬にサービス開始予定 | TechCrunch Japan

TechCrunch Japan / 2ヶ月

みんなの銀行は1月14日、5月下旬予定のサービス提供開始に向けて、事業方針に関する発表会を開催した。同行は、2020年12月22日に銀行業の営業免許を取得、また2021年1月4日は国内初のデジタルバンクとして銀行システムの稼働を開始している。

この記事をPICKする

hatenabookmark
koduki

2ヶ月前

GCPネイティブの銀行か。k8sはグローバルではそこそこ事例あるけど、Spanner基幹DBなのは凄いな。。。クラウドだけど中身はOracleとか妥協を感じない https://www.accenture.com/jp-ja/services/technology/cloud-native-core-solution
清水 風音

2ヶ月前

保守性のない基幹システムには触れず、イチから作り直した感があるなー。他のフィンテックサービスとガンガン連携して、みたいなトータルでのサービス体験を変えていくって感じがする。
man month

2ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。