GAFAのなかで、Appleだけが「意味」の世界で闘っている グローバル競争で生き残るのに必要な、たったひとつの考え方

ログミー[o_O] / 1年

2019年4月19日、ベルサール六本木にて「WHITE Innovation Design Summit Vol.2~イノベーションを生み出す組織作りと人材育成~」が開催されました。イノベーションの創出が重要なテーマとなるこの時代、企業はオープンイノベーションやアクセラレータープログラムなど、さまざまなチャレンジを行っています。その創出に求められるのは「手段」ではなく、「組織と人材」。このイベントでは、イノベーションを生む組織づくりと人材育成について、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 』の著者である山口周氏、企業のイノベーション・新規事業を数多く支援している株式会社WHITEの神谷憲司氏が登壇。本記事では山口氏の講演から、日本車を例に「役に立つけど意味がない」ものと「役には立たないけど意味がある」ものの違いについて語ったパートをお送りします。

この記事をPICKする

hatenabookmark
これ非常に面白い内容でした。役に立つけど意味のない商品はグローバル化する、そうすると生き残れる会社は限られる総取りゲームに巻き込まれる。一方意味のある商品は、価格は10倍、機能は10倍にならなくても売れる。

ここでいう意味は、まさにTEDの神プレゼン「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」の "Why"にあたるかなと思いますね。
https://www.ted.com/talks/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action?language=ja
カケヨ

1年前

すごく面白い。「効率」は評価軸が一つしかない。だけど「意味」の評価軸は人によって異なる。これからAIと仕事して人間らしさが重要になる世界なら、「意味」で人の感情に訴えかけられないと価値がなくなるのかもしれない。
ソフトウェアの世界で意味が問えている会社はどこがあるだろうか。任天堂はその一つの会社であると思いたい。
面白い記事です。
Pickしました
Pickしました
Pickしました
Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。