大阪市システム障害の原因はデータベースに、管理領域が2系統とも破損

日経 xTECH IT / 1年

 大阪市は、2019年6月7日から発生していた基幹系システムの障害について、6月8日の午前9時30分ごろに復旧したと発表した。同日午前10時から梅田や難波、天王寺の各サービスカウンターで住民票や印鑑証明関連の書類発行業務を再開している。

この記事をPICKする

hatenabookmark
同時にダウンはあまり聞かない気がする
リージョンもをけて管理してたのかな。むしろ両系ともに死ぬ原因がきになりますね。
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。