3 picks

シンギュラリティは、2045年には訪れない:アイロボットCEO、AIとロボットの未来を語る|WIRED.jp

ロボット掃除機「ルンバ」の開発で知られるアイロボットのCEO、コリン・アングル。約30年にわたってロボットの開発を続けてきた彼は、このほど

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

1年前
ロボットができることは増えているが、まだまだ埋めるべきは人とロボットの「インタラクティブな繋がり」の部分。音声導入は、その入り口なんでしょうね!もっと先では、料理が終わったら掃除をしてくれるみたいな非同期的な未来もおのずと予想できる。

AIが面倒なことをやってくれて生産的な活動に集中できるのは、我らクリエイティブな世界に身を置くエンジニアにとっては明るい未来と思いますね。

うん、良い記事でした。
ozeki yuki

web界隈

1年前
>「What(何を)」はわかるけれど「Why(なぜ)」がわからない
人間が主として教えつづけないといけないってことなんでしょうね。
WIRED.jp

自動PickBot

1年前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
appstore
googleplay
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。