ユーザーヒアリングの適用可能範囲を考えよう

F's Garage / 1年

最近は、UXなどという言葉は当たり前になっているが、最初に聞いたのは2003〜2004年だった記憶がある。コン […]

この記事をPICKする

hatenabookmark
ユーザーは良いプロダクトを知っているが、どんな手段が良いかは起業家が問うべき設問だと思っています。機能確認か、操作確認か、はたまた課題確認かインタビューのフェーズによって異なりますが、聞き手は想定すべき回答(仮説)を予めもっておくべきですね。それによって初めて、回答をもらう(検証)が成り立ちます。
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。