2000年代オブジェクト指向は絶対の正義だった。つまり僕は洗脳を経験している - レベルエンター山本大のブログ

daiyamamoto.hatenablog.com / 12日

私がIT業界の片隅に所属をし始めた2000年ごろ、Javaエンジニアはスーパースターだった。Javaエンジニアを名乗るということは、秘奥義オブジェクト指向を習得していることに他ならないからだ。 「オブジェクト指向こそ正義」だった。 Javaとオブジェクト指向を身につければ、20年は食っていけると言われたものだった。 あれから20年。たしかにJavaとオブジェクト指向で20年は食えた。が、もはやオブジェクト指向は絶対でも正義でもない。 僕は、IT講師として新入社員にJavaを教える仕事もしているが「オブジェクト指向こそ正義」と無垢な生徒達に教えなければならない時に、苦痛を覚えるようにすらなってし…

この記事をPICKする

hatenabookmark
harupom

11日前

オブジェクト指向で書くという意味をはき違えてる気がする。
みんなテストしやすいように疎結合で書くでしょ?Javaでそれっぽいのを書いたらオブジェクト指向になるよ。
だから継承元を作って共通ロジックを埋め込んだりするなってーの。それめっちゃ密結合だから
山本 聡

12日前

記事中の、壁の中の人類、、wwwワロタワロタ

staticおじさんの方が進んでいたよね。本当は。

俺もデザインパターンを必死で勉強して、なるほどなるほど、となった小童(こわっぱ)でした。
いまでは、オブジェクト指向を使っているコードを「下手くそ!」と罵倒するくらいには、大人(嫌なじじぃ)になった感じです。w

いらねーよ、オブジェクト指向。みたいな。古いし。
TS/JSのclass構文なんて最初からなくて良しだった。
JS開発者のオブジェクト指向無視な言語設計の先見の明にほれぼれしてます。
koduki

12日前

釣られておくと必要だろう、としか言えない。絶対正義とするものではないのは同意けど、部分的に切り取れば手続き型に見える書き方で全体は関数型やオブジェクト指向で統括している。。。Enterprise Hello Worldが行き過ぎは同意だけどあれは単なる失敗だしね
自分も2000年代のJavaオブジェクト指向がスタートだったが、フレームワーク側でやってくれることが増えるにつれて、オブジェクト指向とは?とか、ありがたみは考えなくなって気がする。あとは、GitHubができたり、ライブラリ化が進んで、いよいよ依存性を避けてコードをシンプルに保つか、みたいなところのみが関心ごとになったと思う。

自分はサーバーサイドの人間ではないので、語るべき側ではないので、断定も否定もできない。とはいえ、初見のコードの中で、デザパタとか見ると「開発者の意図」みたいなところを感じることができるので、学習は無駄ではなかったと思う瞬間はある。
未だにオブジェクト指向の何たるかがよく掴めていないんですよね…。
ただまあ、今までの経験上何らかの概念やフレームワークの考え方を全部そのまま適用できるケースは少なくて、その中のこの部分には従う、みたいなことが多いので、今のこのやり方が何に基づいているのか、を知る意味で知っておくのはいいけれどそれにそのまま従うのもどうか、とは思う。Rails Way然り。
Kataめ

12日前

Javaエンジニアですが、オブジェクト指向を意識したこと無いですねw
Pickしました
kiai

12日前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。