2 picks

低レイテンシと安定性を生むアーキテクチャ - SSPの現場に学ぶ、高可用性のつくり方 #エンジニアHub - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!

低レイテンシとは、広告配信の世界でユーザービリティ / 収益に直結する要素であることから、重要視されています。では、SSPの現場で実際に用いられるシステムはどのような構成になっているのでしょうか。fluct社の鈴木健太さんに、低レイテンシ、そして安定して稼働するシステムの基本を聞きました。

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

1年前
低レイテンシのシステムを運用するには、確実にタイムアウトさせて終わらせること。遅いサーバーを切り捨ててでも全体を生かす設計思想が大切なんですね。

あと、AWSとオンプレの併用は、可用性以外にも一定数のトラフィックが生まれるモデルだとコスト対策にもなりうるのは参考になりました。
エンジニアHub

自動PickBot

1年前
Pickしました

新着ピック  

kodukikoduki3時間前自称Webエンジニア





















記事をPICKする
appstore
googleplay
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。