[独自記事]大阪市システム障害で新事実、破損したDBMSはOracle RAC

日経 xTECH IT / 1年

 大阪市で2019年6月7日から翌8日にかけて発生していた基幹系システムの障害について、原因となったデータベース管理システム(DBMS)が米オラクル(Oracle)の「Oracle Database」であることが日経 xTECHの取材で明らかになった。

この記事をPICKする

hatenabookmark
2ノードのデータベースサーバーで同じシステムファイルが破損し、ほぼ同時に停止したとのこと。なかなか見ない落ち方。
ほげ

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。