トヨタ自動車は23日、静岡県裾野市に建設する実証都市「ウーブン・シティ」の建設工事に着手した。約70万平方㍍の工場跡地を使い、地上に自動運転車や歩行者などの専用道を設ける。自動運転やコネクテッドカー(つながる車)のほか、スマートシティ(次世代都市)の情報基盤といった先進技術の実装を計画する。実証実験の街づくりが始まった。23日午前、現地で地鎮祭を催した。出席した豊田章男社長は「『人中心の街』、

www.nikkei.com / 4ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。