新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で、厄介な変異を持つウイルスの流行拡大が問題になっている。英国で見つかった変異株「B.1.1.7」は感染を広げやすく、2月16日時点で日本を含む88の国と地域から報告された。南アフリカから報告された「B.1.351」、ブラジルからの帰国者が感染していた「P.1」は、ヒトの免疫系の攻撃を回避する可能性が指摘されている。これら3つの変異株には共通

www.nikkei.com / 4ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。