重要なポイント 伝統的な市場で長年にわたって行われ、物議を醸してきた高頻度取引(HFT=high-frequency trading)は仮想通貨市場においても一般的になってきている。取引サーバーを取引所のマッチングエンジンから物理的に近いところに置くことで、スピードの面で有利になることができる。これが、HFT企業がレガシーマーケットで巨額の利益を得るのに役立っている。エリスエックス(ErisX)、フォビ(Huobi)、ジェミニ(Gemini)といった仮想通貨取引所は、コロケーションサービスを提供することで大口のアルゴリズム投資家を惹きつけようとしている。コロケーションサービスへの需要は高いが、仮想通貨市場の構造が原因で、その利点については議論の余地がある。 高頻度投資家を心から歓迎しているのは一握りの仮想通貨取引所だ。 シンガポールに拠点を置くフォビ、シカゴのエリスエックスはそれぞれ、顧客のサーバーを取引所のサーバーと同じ施設または同じクラウドに置くコロケーションサービスの提供を始めたと、各取引所の担当者がCoinDeskの取材に対して語った。これによって投資家は最大で100倍の速度で取引を実行すること...

www.coindeskjapan.com / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。