奈良県は24日、自律走行する「1人乗りロボット」や「電動車いす」の社会実験を奈良公園で始めた。広大な敷地に名所が点在する同公園で、次世代型モビリティーの実用化の可能性を検証する。28日まで5日間、インターネットで申し込めば誰でも無料で試乗できる。実験では、ロボット開発のZMP(東京・文京)の自動運転1人乗りロボ「ラクロ」と、電動車いす開発のWHILL(ウィル、東京・品川)の次世代電動車いす

www.nikkei.com / 4ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。