ブロックチェーン(分散型台帳)技術のコンサルティングを手掛けるハッシュポート(東京・港)は3月に法人事業者向けのウォレット開発を手掛けるフレセッツ(東京・文京)と合併する。暗号資産(仮想通貨)ビジネスの競争が激しくなるなか、競争力あるサービスを開発する狙いがある。ハッシュポートが2月1日付で株式交換でフレセッツの全株を取得した。3月1日付でフレセッツから事業譲渡を受け、合併を完了させる。ハッシ

www.nikkei.com / 4ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。