世界のフィンテック企業への投資で、一定以上の規模を持つ有望企業に資金が集中する傾向が強まっている。2020年のフィンテック企業の資金調達額は19年比で微減だった一方、件数は1割超減少した。成長分野がはっきりしつつあることに加え、金融市場の先行き不透明感からファンドなどが創業後間もない企業への投資を減らしている可能性がある。米調査会社CBインサイツによると、20年の調達額は前の年に比べ2%減の約

www.nikkei.com / 4ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。