富士通は人工知能(AI)を活用して人体の関節の可動域を測るシステムを開発した。病院やリハビリ施設で、タブレット端末で患者を撮影して肩と肘の関節の可動域を測る。治療の効果の評価や障害度合いの判定には関節の可動域の測定が必要で、現在は人手が多い作業を効率化して測定を支援する。「HOPE ROMREC(ホープ ロムレック)」のサービス名称で24日に発売した。価格は画像認識機能と音声入力機能がそれぞれ

www.nikkei.com / 4ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。