マイナビニュース / 2ヶ月

2020年6月、コインチェックが利用するドメイン名登録サービスの社有アカウントが不正アクセスを受け、登録情報が何者かによって書き換えられてしまった。しかし、コインチェックによる早期発見と迅速な対応により、甚大な被害には至らなかった。さらに、インシデント発生後に詳細なレポートを公表したことも評価され、コインチェックは今回、「情報セキュリティ事故対応アワード 2020」を受賞した。当時、現場では何が起きていたのだろうか。そして、そこから得られた教訓とは。

Tanaka Yuta

2ヶ月前

長い記事だけど2段階認証を適切に設定するのが大事ってことね。セキュリティ対策にも銀の弾丸はないのね。
tamo san

2ヶ月前

なるほど、攻撃者はGitHub情報の奪取を試みたが、2FAで防げていたということですな。あと正直な公開大事:ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓 - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート|セキュリティ|IT製品の事例・解説記事
appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。