Amazon Web Services / 1ヶ月

AWS Config は、AWS リソースの設定履歴を維持し、ベストプラクティスと内部ポリシーに対して設定を評価するサービスです。この情報は、運用上のトラブルシューティング、監査、コンプライアンスのユースケースに使用できます。このブログ記事では、企業全体のガバナンスを可能にするツールとして AWS Config を使用する方法のベストプラクティスを紹介します。 1.すべてのアカウントとリージョンで AWS Config を有効にします。 これは、Center for Internet Security (CIS) が推奨する業界のベストプラクティスです。AWS Config を使用すると、AWS リソースの設定を監査し、設定のベストプラクティスに確実に準拠することができます。AWS CloudFormation StackSets を使用すると、共通の CloudFormation テンプレートを使用して、複数のアカウントとリージョンで AWS Config を有効にできます。 2.すべてのリソースタイプの設定変更を記録します。 AWS Config をセットアップするときは、AWS Config に記...

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。