www.nikkei.com / 17日

難しい外科手術や高度な建設作業など熟練者の動きをまねて働くロボットを制御する人工知能(AI)の開発が、国内外で加速している。人が経験などから習得した上手な技だけを選んで学び、そっくり再現する。「プロの技」を持ったロボットと一緒に働く日はそう遠くなさそうだ。2本の腕を持つ手術ロボットとして有名な「ダヴィンチ」の実験用モデルが、針を持った指を器用に動かし、人の皮膚に見立てた布を見事に縫い合わせた。

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。