脳の神経細胞(ニューロン)の仕組みを忠実に取り入れた人工知能(AI)のモデルに注目が高まっている。NTTと東京大学の合原一幸特別教授らの研究チームは、光技術を応用して人工ニューロンのモデルを作成した。脳の情報処理の消費電力は20ワットとされ省エネだ。柔軟性も現行のコンピューターより優れる。2050年には省電力かつ、状況に応じて最適な情報処理方法を選ぶ「空気を読めるAI」が実現する可能性がある。

www.nikkei.com / 1ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。