セガの資料はとても有用なんだけど、

>「若い頃に行列ぐらい学んでおけば、理解が早かっただろうになぁ」と思うことはよくあります。

勉強ができない人がよく勘違いすることなんだけど
そして日本の中学高校とかの教育システムがズタボロの理由なんだけど

若い頃に学ばせておこうとして指導要綱とかに行列計算が数学に混ざってくるわけなんだけど。行列計算なんてほとんどの人の人生でほぼ役に立たない。だから若い時に学ぶのは無駄。

そうじゃないんだよ。勉強って。必要になったときに学ぶべきなんだよ。
学ぶ必要性が感じられてないのに何を学ぶというのさ。

俺も簡単な3D処理を、医療系の3D体内レントゲン可視化システム(放射線科システム)に数回かかわった時に学んでつくったりしてました。
そのシステムを学ぶ時に、行列計算、DirectX/OpenGL右手系左手系計算の関数群を作ったことあるんだけ学生のころに学んだ行列計算の知識なんてほぼ全て忘れてましたね。

そのシステムを組む時に必要になったから、高校の教科書を本屋で買ってきて学びなおしました。ベクトルの和とか積とか。行列の横縦横縦の演算とか。
そして無事にその仕事できてよかったのですが、それはその時に学んだからよかったのであって、若い時にも行列演算を学んでましたが、それは無駄でした。

プログラマやっているから数学は基本的に得意だとか思われがちなんだけど、全くそんなことはなくて物理は得意だったんですが、数学は平均点以下でした。数学とプログラミングはまるで違うから。

勉強には動機が必要で「これをやったらこれができる。だから学ぶ」っての必要なんだけど、高校の数学とかで行列を学ぶ時にそんな動機づけをすることが一切ないからほぼ全ての生徒は挫折するのよ。

だからこの記者が「ゲームプログラムの話題になる」時に、簡単な行列計算を学べばいいのよ。でも記者なんだから、そんな演算しても何かが達成できるわけじゃないんだから、概要を学んでおけばそれだけでよいと思う。行列演算なんて何も学ぶ必要ないし、現に必要ないから学ばないでしょ。

プログラマでその仕事をこなさなきゃいけないときに初めて学べばよくて、若い時に学んでいるかどうかなんて、どうでもいいこと。