この記事は Sharing Amazon ECR repositories with multiple accounts using AWS Organizations を翻訳したものです。 お客様は AWS 上でセキュリティの向上と職務の分離を行うためマルチアカウントの導入を進めています。Amazon Elastic Container Registry (ECR) のような一部の AWS サービスは、管理のオーバーヘッドを減らし可視性を高めるために、単一のインスタンスをアカウント間で共有できるスケーラビリティをサポートしています。AWS アカウントは、アカウント番号やその他のアカウント固有のメタデータが頻繁に生成される弾力性のあるリソースとなっているため、手間の掛からない自動化されたアプローチを採用する必要があります。いくつかのアップデートを行うことで、AWS Organizations を活用したマルチアカウント環境での ECR リポジトリへのきめ細かなアクセス制御が可能になります。 AWS Organizations はお客様の AWS アカウントを論理的に分離し、かつ関連するグループを作成する...

Amazon Web Services / 1ヶ月

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。