以前は、関数の名前をしっかり書けばコメントは必要ないと思っていました。しかし、実際にやってみると、私はコードの厄介な部分やわかりにくい部分にコメントをつける傾向があることに気がつきました。プログラムを読み返すたびに、苦労してコメントを付けておいてよかったと思いました。というのも、本当に便利だからです!

ITnews 編集部 / 1ヶ月
山本 聡

1ヶ月前

> Javadocはほとんど役に立たない
> この種のコメントは、多くの価値を提供することなく、単に多くのスペースを占めているだけなのです。

苦笑。
そう。世の中の大勢はほとんど役に立たないことに労力を費やすという面白いムダを行っているよね。

> 何か特別にややこしいことがあるときにコメントを書くことが多いです。

ですよね。

> 「コメントは必要ない派」(私もかつて所属していました)からの標準的なアドバイスは、コメントが不要になるようにコードを書き換えることです。しかし、これは常に可能であるとは限りません。ドメインがあまりにも複雑な場合もあります。また、コメントをつけるよりもコードを書き換える方が手間がかかる場合もあります。

鋭い!
清水 風音

1ヶ月前

自分は書かない派ですが、常にコメントなしでコードが書けるケースとは限らない、は同意です。コメントを丁寧に書いていくか、日本語で書かれたテストコードを充実させていくか、どっちがいいんだろうかー
nao

1ヶ月前

コメントもちゃんとコードレビュー対象になってるなら推奨
この記事は、Henrik Warne氏によって公開された記事の翻訳転載です。約4分ほどで読めます。
appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。