2019年くらいから、デジタルトランスフォーメーション (DX) の相談を受けるようになって、今はアドバイザーみたいなのを含めて10社くらいお手伝いしています。 また、講演なんかも依頼されてたりして、そこではストルターマン教授がどうだ、とか、トレンドはー、みたいなことをしたり顔で言っていたりするわけなんですが・・・。内心では、定義とか事例の話から入るのはあんまり本質的じゃないのかな、と感じています。 足元の現場を見ると、DXDXディーエックスディーエックスいってる会社もほとんど何も進んでいなかったりする。そういう現場では、コンサル側から「DXという言葉使うと論点がブレるんで今後は

note.com / 1ヶ月
tamo san

1ヶ月前

なるほどなぁ『DXってのは、デジタルがコモディティ化する「前」に完成した「ビジネスの型」を、デジタルを前提としてリデザインすること』あとは変化に耐える、追随性でしょうかね:DXコンサルが絶対に言わない後ろめたい真実|naoto|note
koduki

1ヶ月前

ITはやはり非コア業務だからIT以外をちゃんと改革してねという事なのだと思う。運用改善とかも「しない」のが「自動化」を超える最適解だしね
さつき

1ヶ月前

なるほどな、そうだよな
appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。