ユーザーが保有する機器を「修理する権利」を求める運動が米国で広がっている。すでに19の州議会で法案が出されているなど、修理に必要な情報や部品、コストに関する決定権をメーカーが握っていること

WIRED.jp / 2年

この記事へのコメントはありません

appstore
googleplay
会員登録

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をピックして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。