RPAをはじめとするローコード/ノーコード開発環境は、専門家ではない市民開発者が中心になって開発するものだとすると、あくまでもラストワンマイルを埋めるために使用することがガバナンスと安定運用につながるということですね。